【人生・就職・転職】給与で選ばない方がいい。したい未来を考えるべき
スポンサーリンク

 

「給料良ければ何でもいい」

 

僕も昔、そう考えていた。

「給料が良ければ、どんな仕事だって良い。まずはお金だ。」って。

でも違う。ということに気付いた。

 

今日は、人生や就職、転職のときに「お金」を考えてはいけない、未来を考えようという話

 

スポンサーリンク

伝えたい事:お金を稼いだ先に何をするかを考えて欲しい

 

 

大前提として、お金は大事。

なくてもいい。そういう意見ではない。

 

ただ、お金だけを求めて働いていて、僕は心身を壊した。

お金を求めるあまり、がむしゃらに働き、歩けなくなり、ハートも壊れた。

 

理由はカンタン。「お金を稼ぐ」がゴールになってしまい、「その先」が明確になっていなかったから。

だから、心身のブレーキが効かなくなった。

 

そんな人に、皆さんはなってもらいたくない。ただそれを伝えたい。

 

お金の力というものは、思っているよりも絶大で。

 

ホントは、ただの紙、ただの交換媒体なのに、取り憑かれるように欲しくなってしまう。

そして、お金を求めるあまり、心身を犠牲にしてしまう。

 

だから、なぜお金がいるのかを考えて欲しい。

お金を稼ぐことは、大事だ。

だけれども、そこを目的にしてはいけない。稼いだ先に何をするか。これが大事。

 

 

お金だけを求めると、心身が壊れた

 

 

僕は、残業500時間というかなりハードな状況で働いていた。

 

今思えば、労働=お金みたいな価値観になっていたと思う。

いわゆる時給脳みたいなもの。働けば働くほど、優位であり、お金も稼げる。

当時はそんな考えはなかったにせよ、頭の根底にはこの思考が流れていたと思う。

 

でもこれは、今思えば間違っている。

 

残業を500時間をすると、当然のように心が壊れる。そして体も壊れる。

この代償は、人によって様々だけど、必ずどこかにガタが来る。

 

たしかに、このような経験って今になると学びにはなっている。

だけれども、ここまで頑張らなくたって人生は学べる。

 

では、僕のようにならない為に、どうすべきか。

それはカンタン。

 

生きたい未来を考えれば良いのである。

 

 

「生きたい未来を考える」

 

 

生きたい未来を想像すればいい。

こんなところに住んで、こんなことを毎日して生きていきたい。

そんなものでいい。

ただひたすらにそれをリアルに落とし込んでいけばいい。

 

例えば、僕なら

「一日でも早く、労働から開放されたい。そして毎日遊んで美味しい酒と美味しい魚を食べたい」

こんなことを考えている。

 

最近、ホリエモンさんの動画を見て思った

彼は「かなり遊んでいる」

人生の1分1秒をすこしでも自分のしたいこと=遊びをしたいと考えている。

 

これも一つの人生であり、したい未来を堂々と生きていると思う。

 

だから、時間を作って「したい未来」を考えるべき。

 

時間は過ぎていく。待ってくれない。

 

 

悲しいかな、時間は待ってくれない。

したい未来を考えることを後回しにしていると、気がつけば身動きが取れなくなっている。

 

努め働き、家族を養い、また働く。

 

これで本当に自分の未来を生きていると言えるのか。

と、僕は考えている。

僕は、自分の考えを人に強制するつもりはない。ただ、共感し、一緒に前を向いて歩く人が増えればいいなと思っているし、そんな人と仲良くなりたい。

 

考えることを後回しにしてはいけない。

 

考えて行動して、失敗する。

失敗なんて誰でもする。誰でも間違える。

 

ただ、その間違えて行動してまた間違えて行動する。

この循環をいかに、生きている上で回すか。そんな事が意外に大切なのである。

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめる。

 

まとめ

  • 伝えたいこと:「お金を稼いだ先に何をしたいか」を考えよう。
  • お金だけを求めていると、心身を壊す
  • 大切なことは、「生きたい未来を考える」こと
  • 時間は過ぎていく。考えることを後回しにしてはいけない

 

いかがでしたでしょうか。

 

自分が、今になって「あの時こうしておけば」と思う内容を書きました。

誰かの参考になればいいなと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事