「人の言うことを聞きたくない」→別に聞かんでいいでしょ。という話
スポンサーリンク

 

どうもこんにちは、くっしゃんです。

「人の言うことなんて聞きたくない」なんて思うことは、生きていたら皆さん経験しますよね。

僕もそうです。基本的には、指図なんてされたくないですよね。

今回は、「人の話を聞きたくない」と悩む人に、ちょっとした人生のコツをお伝えできればと思います。

 

スポンサーリンク

結論:心の内に留めるが吉

 

 

結論、「人の言うことなんて聞かない!」っていうのは、心の内に留めたほうがいいです

聞きたくない!って言ったって、どうせ相手は理解なんてしてくれません。

かといって別に理解をしてもらいたくも無いでしょ?

だから相手の話は、表面上は聞きつつも取り入れなければいい。

ただし

人生何があるかわからない。ひょんなことから人の話に救われることもある。

だから、変に意固地にならず、自然と過ごせばいいです。話半分でもいいから耳を傾けることも大事です。

 

なぜかというと、自分が本当に聞きたい時に、助けてほしい時に聞けなくなってしまう。

人は一人では生きてはいけないです。

 

 

「自分の頭で考える」ができる人

 

 

前もってお伝えいたしますが、

「人の言うことは聞きたくない、だけど自分でも考えない」なんて論外ですよ。

それは、ただのワガママで。もっと勉強しないといけない。

 

ここでいう「人の言うことを聞きたくないという」人は、裏を返せば、「自分を大切にしている人」と僕は認識しています。

「人の言うことを聞かない」=「自分の頭で考える事ができるすごい人」ですよ。

だから、ホント突き進めばいいと思います。

自分で考えているから、時として大きく道をそれる。間違えることだってあるかもしれない。

でも不思議と、自分の頭で考えて自分で決めたことだから、後悔しないでしょ?

それが大事です。これが、後悔しない生き方というものです。

マイアンサーisナンバーワン

極論をお伝えすると、どんな偉い人が言う方法よりも

自分で考え自分で行動して進むことが一番です。

 

人の言うことばかり聞きすぎると自分の意見がなくなる

 

 

人の言うことばかり聞きすぎると、時として自分の意見がなくなります。

会社や学校で様々な人と関わるとだんだん見えてきますが、自分で考えず、人に答えばかり聞く人がいるでしょう。

これは、典型的に自分で考えていない。言われないと行動できない人たちです。

こういった方々が悪いというわけではありません。

 

僕は、そうはなりたくないなと思うだけです。

間違ってもいいから、自分で考えて行動する。これを大切にしていきたいと思っています。

 

 

遠回りも覚悟の上。ただし…

 

 

人の言うことを聞かない。これ則ち、遠回りになる可能性もある。

それは、必然的につきまとってきます。

だけども、ここには僕なりの見解があって。

人の言うことは聞きたくないけど、遠回りもしたくないんです。

だって、嫌じゃないですか。効率のいいやり方がちゃんとあるのに、それをわかっているのにやらないなんて。

それは流石に、「先人の人たち、ありがとうございます。」です。

 

だから、自分が行きたい方向性で成功・幸せになっている人の意見はどんどん聞いたほうがいい。

反対に

自分が行きたい方向性でもない人の意見は、「そんな意見もあるんだな」という感覚で自分の知識を広めるようにすればいいです。

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • 人の意見を聞きたくない!は心の内に留めるのがベター
  • 人の意見を聞きたくない人は「自分で考えることができる」すごい人
  • 人の意見ばかり聞くと、自分の意見がなくなる。
  • 流石に、自分の行きたい方向性で成功・幸せになっている人の意見は聞こう

 

いかがでしたでしょうか。

僕も、下手くそなりに自分の人生を好きに生きてきたつもりです。

どうかみなさんも、後悔のない人生を送っていただければなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

くっしゃんでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事