「大学時代は遊べ」を鵜呑みにしてはダメ【学生アルバイトは程々に】
スポンサーリンク

 

全額奨学金を借りて通っていた大学時代、深夜のコンビニで週4で働いていました。

できたお金を全て浪費していました。

 

振り返ると、

・もっとお金の使いみちあったな
・もっと時間の使いみちあったな

と思うわけです。

 

僕と同じ後悔をしてもらいたくない。

 

今回は、「大学時代は遊べ」を鵜呑みにすると成功しないよという話です。

 

 

スポンサーリンク

伝えたい事:未来が楽になるように時間を使おう

 

 

大前提として、学べることもありますし、僕もアルバイトで学ぶこともありました。

今の生活にも活きている経験ももちろんあります。

 

ですが、今思うと、「未来のこともっと考えておけばなぁ」と思うわけです。

 

時間があれば、アルバイトをしてましたから。

今日明日明後日くらいのことしか日々考えてませんでした。

 

漠然と、将来はこんな事したいなと考えていましたが、ぼんやりとしていて真剣に考えてはいませんでした。

 

アルバイト代も、遊びに全部使ってましたね。そりゃお金が貯まらないわけですな。

もっと未来が楽になるようにお金を使うべきでしたね。

 

”大学時代は遊べ”を言っている奴の現状を見よ

 

 

何を隠そう僕自身が、「大学時代は遊べ」を鵜呑みにしてました。

もう遊びまくってましたね。

 

まぁただ、授業もしっかり出てたので、留年とかにはなりませんでした。

 

今思うと、「大学時代は遊べ」を言ってた人って、今の社会人生活が辛くて言っていたんだろうなと思います。

案の条、成功している人の意見じゃないから、的を得ていない。

 

もっと自分の頭で考えるべきでしたね。

そして、その人を現状を見て意見をもらうべきでした。

 

自分のなりたい将来像を生きている人の意見は、やはり意味があります。

そのような人の意見は、経験に裏付けされていて、成功の結果も出ていて、的を得ている。

成功例は、鵜呑みにすべきです。

 

したい未来を生きている人のアドバイスが一番

 

 

「大学時代は遊んでなんぼ」を実践して、そして成功する人もいる。

そりゃいてるでしょう。いろんな人がいますから。

 

ただもしあなたが、無計画にただただ惰性で遊んでいるなら危険です。

やはり、遊ぶのも人生。

自分の中でしっかりと区切りやケジメを持つ事がが大切です。

未来を想定した上で、”今は遊ぶんだ”と決めて遊ぶほうが100%で遊べます。

 

こちらについては、以下の記事にもまとめていますのでご参考にしてみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • 未来が楽になるように今を生きよう
  • 大学時代のアルバイトは程々に
  • 自分の将来を時間がある内に考える。
  • 意見をもらうなら、なりたい未来を生きている人からもらおう
  • 惰性で遊ぶのではなく、計画的に遊ぼう

 

いかがでしたでしょうか。

 

過去の失敗があるからこそ、今の自分があります。

ですが、僕の経験読んでいただき、同じ後悔をしないように生きてもらえたらなと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事