COSMOS(ATOM)とは?基本情報や特徴、気になる今後、価格・チャートをわかりやすく解説
スポンサーリンク

こんにちは、くっしゃんです。
以前にこんなツイートをしました。

 

その後ATOMは好調に伸びてゆき
時価総額も新参ながら15位へと急成長を遂げました。

 

今回は、

何かと話題のCOSMOS(ATOM)に関しての基本情報特徴気になる今後価格・チャート情報
まとめて共有していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもCOSMOS(AROM)とは?

 

 

COSMOS(ATOM)のポイントは2つです。
(お忙しい方は、このポイントさえ押さえておけば大丈夫。)

ポイント
  1. チェーン間の互換性を生み出す
  2. ブロックチェーン開発の簡素化
  3. 分散型アプリケーションの活性化

 

これが素晴らしいのなんの……!w

それぞれについて見ていきましょう。

 

①クロスチェーンを可能にする「Tendermint(テンダーミント)」

 

COSMOSをわかりやすい言葉で言い換えると
「仲介役」

異なるチェーン間のトークンのやり取りを可能にしている。
ちなみにこれを「クロスチェーン」という。

ビットコインやイーサリアム、リップルなど
仮想通貨それ単体でかなり有能だが、それぞれの互換性はよくない。

その理由は簡単で、「チェーンが異なるから」

具体的に説明すると、

具体例
「ETH → XRP にしたい!」
①ETHを”取引所”で売却(つまり、BTCを一度購入)

②そこからBTCを使ってXRPを購入

 

と、この様に取引所の助けが必要になる

これを解決したのが、COSMOSの「Tendermint(テンダーミント)」と呼ばれるシステム。

「Tendermint(テンダーミント)」を使えば、

取引所を介さずに直接コインを交換することができる。

この機能を応用したのが、
最近話題の「Binance DEX

コインとコインの交換から「取引所」を取り除き
「個人と個人」のやり取りで、コインを交換できるように。

これが1番目のポイントです。

②ブロックチェーンを簡単に開発できるソフトウェア「ABCI」

 

 

ビットコインが誕生した当初、
分散型アプリケーション(これをDappsと言う)開発が困難でした。

そこでイーサリアムは、分散型アプリケーションの開発を容易にすることで、
ブロックチェーンを広めようとしました。
しかし

・イーサリアムのブロックチェーン上でなければ動かない。
・かといって独自のブロックチェーンを開発することは大変。

このような問題がありました。

COSMOSはここに焦点を当てました

「もっと簡単にブロックチェーンを作りたいんやぁ・・・」

 

エンジニアたちのこの声に応えるべく開発したのが「ABCI」というソフトウェアでした。

ABCIの特徴は、

特徴
・あらゆるプログラミング言語に対応
・ブロックチェーンの開発も容易

これにより、
独自のチェーンを容易に構築でき、かつ、ETHという巨大勢力に頼らなくてよくなりました。

すごい・・・!

 

さらにここからが最大の凄さ!

いままで説明してきたポイント①とポイント②を組み合わせることで
ポイント③が生まれます。

 

③分散型アプリケーションの活性化

 

チェーン同士の互換性もスムーズになった。
ブロックチェーンの開発も容易になった。

この2つが起きることによって、こんな利点が生まれます。

・もう開発時にどのブロックチェーンで開発するかを選ばなくていい

つまり、

「アプリ開発に集中できる」

ということです。
開発に集中できれば、世の中にもっとより良いアプリケーションが誕生する。

そうなれば、もっと世界が豊かになる。

これがCOSMOSの構想なのです。

もっと知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Zoomさんのブログ

https://zoom-blc.com/what-is-cosmos

 

COSMOS(ATOM)の今後

 

今後はCOSMOSコミュニュティを中心にCOSMOSを広める活動をするそうです。

またこれは僕の予想ですが

上記のツイッター掲載の通り、

今後の予想
  • コインベースカストディへのリスティングが予想される
  • ②2019年のステイキングブームによる注目される

と予想しています。
②なんかは、早くも注目を集め出してますよね。

 

トレード情報

COSMOSはこれからも伸びると僕は予想します。

現在のチャートはこちら

ツイッターにもこのような情報をのせました。

 

良ければチェックしてみてください^-^

くっしゃんのツイッターはこちら

まとめ

 

ポイント
  1. チェーン間の互換性を生み出す
  2. ブロックチェーン開発の簡素化
  3. 分散型アプリケーションの活性化

素晴らしいコミュニティ!

これからも要チェックです。

最後までお読みいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

それでは
くっしゃんでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事