"読み上げ機能"で好きなKindle本をオーディオブック化する方法が便利
スポンサーリンク

 

 

「本を読むのことが苦手」

「読書が続かない」

 

「本を読むことは大切」ってわかっているものの
なかなか続かないことが多いですよね。

編集者である私も、
読書を始めた当初はすぐに眠くなって
困っていました。

そこで、
みなさんの悩みを解決できる記事を用意しました。

こちら記事で解説する
『好きなKindle本をオーディオブック化する方法』を読めば
本で学ぶ機会が増えて知識が深まります。

 

スポンサーリンク

読み上げ機能の設定方法・やり方|iPhone編

1.「設定」をタップ

 

2.少し下の「アクセシビリティ」をタップ

 

3.少し下の「読み上げコンテンツ」をタップ

 

4.「画面の読み上げ」を有効にする

 

これで設定完了です。

画面上部から2本指をスライドさせると自動で読み上げてくれます。

 

読み上げ機能の詳細設定方法・やり方|iPhone編

読み上げのボタンを表示させる方法|「読み上げコントローラ」

 

「読み上げコントローラ」→「コントローラを表示」

 

 

読み上げコントローラを設定することで
画面上に常に「読み上げコントローラボタン」を表示させられる。

つまり
スワイプする手間が省ける。

しかし実際に使用してみたがボタンが少し邪魔だったので
スワイプの方が便利かなと思います。

 

読み上げの声を変える方法

 

「声」→「日本語」→好きな音声を選択

 

 

 

・Kyoko→女性
・Otoya→男性
・Siri→女性
・Siri→男性

を選ぶ事ができます

また「Kyouko(拡張)」をタップすると高機能な音声をダウンロードすることができる。

 

ダウンロードしておけば
読み上げの精度がアップするのでおすすめです。

タップしてチェックマークが付けば設定完了。

 

→【なりたい自分になれる本

 

読み上げ機能の設定方法・やり方|アンドロイド(Android)編

※すみません。Android端末を持っていません。

手に入れたら画像つきでお伝えします。

今回は設定方法だけだけでご勘弁を。

「設定」→「ユーザー補助」→「TalkBack」

上記で設定が可能です。

 

読み上げ機能のおすすめな使い方

僕は普段からオーディオブックを聴いて過ごしています。

普段使っていてるからこそのおすすめな使い方としては、

  • 行き帰りの通勤
  • 仕事中
  • 昼休憩中
  • 入浴中
  • 寝る前

特に仕事中って意外と隙間がありますよ。

自分の仕事風景を思い出してみてください。

車で営業先に行ったりする間や
黙々と事務仕事をする間など。

怒られない程度にスキマ時間を探すと
人生の学びの時間が増えます。

→【忙しくて時間がない人ほど読んでもらいたい本

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本を読むことが苦手な人でも気軽に試すことができます。

ぜひお好きな電子書籍で試してみてください。

【追伸】

アマゾンプライム会員なら
900冊以上が読み放題です。

→【プライムリーディングの詳細

また、
Kindleアンリミテッドに登録すれば
より多くの書籍を好きなだけ『初月無料』で読むことができます。

→【Kindleアンリミテッドの詳細

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事