空想教室
スポンサーリンク

「『空想教室』ってどんな本なんだろう?」

「買う前にどんな本か知りたいなぁ」

「読み終わったけど、他の人の感想を見てみたいなぁ」

 

本を買う前ってどうしても色々気になってしまいますよね。

僕も、買って失敗したくない気持ちが湧いてきて、自分に合った内容なのか事前に調べます。

今回はその「買う前のちょっとした後押し」や「こんな人におすすめ」等ができるような記事を作成しました。

それでは、植松努著「好奇心を天職に変える空想教室」の要約・書評・読むべき人・関連本を紹介をしていきます。

こんな人におすすめ

  • 自分が何をしたいかわからない人
  • 人生に迷っている人
  • 将来に漠然と不安を抱えている人
  • 今の自分を変えたい人
スポンサーリンク

要約|自分を変えるきっかけをくれる本

【ポイント】

  • 思い描く「自分の夢ってなんだろう?」
  • 思い込む「これまで」を考えないで「これから」のことを考える
  • 思いやる「素直さ・真面目さ」よりも「自分の考え」を優先する
  • 思い切る「楽そうな方」ではなく「楽しそうな方」を選ぶ
  • 思い続ける「なにになりたいか」ではなく「何をやりたいか」を考える。

 

空想教室は改めて

「本当の自分がしたいこと、やりたいことってなんだろう」

を考えるきっかけになります。

また、
「自分が何をやりたいのか・何をすべきか」
がわからない人なら、
自分の心の声を聴くヒント教えてくれます。

空想教室はこのような一節から始まります。

「あなたの夢はなんでしょうか?」

皆さんは、
夢をお持ちでしょうか?

それはどんな夢ですか?

この問いかけに、
この本の本質が込められています。

人は夢を追いかけ、
日々一生懸命生きる。

そんな姿が素晴らしいと植松さんはおっしゃっています。

どんな夢でも構わない。

人に笑われたって良い。

自分がしたいこと、
できるようになりたいこと。

そして、
心がワクワクすること

それがあなたの夢です。

 

また、
この本には夢に関してこのように書かれています。

夢とは「今できないことを、追いかけること」

作者の植松さん自身の夢は、
「ロケットを飛ばすこと」

植松さんは自分が夢を叶える過程で体験してきたことを赤裸々に書かれています。

その一節である、
「夢とは、今できないことを追いかけること」

大きな夢を描こう。

できるかどうかは二の次です。

自分が本当に叶えたい夢、
なりたい自分を目指してみませんか?

 

総じて、
「空想教室」には「自分軸で考えることが大切」という内容が書かれています。

他人の目を気にするのではなく、
大切にするのは自分の気持。

自分を信じ、
自分が考える本当に生きたい毎日を一生懸命に生きる。

今、
平凡な毎日に苦しみ

「変わりたい」

と思う人にとっては
人生の転機が訪れる1冊でしょう。

書評・感想|読んでいて勇気がでる1冊。

植松さんの本は、
初めて読んだのですが、
読んでいて非常の勇気をもらえる1冊です。

読み進めていると不思議と

「自分も夢を叶えられる、できるんだ自分にも」

とやる気が満ちて来ます。

これはひとえに植松さんの体験談が妙に親近感が湧くからでしょう。

書かれている体験談も
人間味が溢れており、
読んでいて

「この方は本当に純粋に夢を追いかけているんだな」

と実感できます。

文章の書き方も難しい書き方ではなく、
読み進めやすい内容でした。

僕はこの本に出会い
自分の中の「夢」が輪郭を帯びて来ました。

読み進めていく内に
「自分の夢を叶えたい」
という気持ちが強くなってきました。

自分の夢に迷いが出てきた時に
ふとこの本を読んでは原点に立ち返るようにしています。

 

関連書籍|エッセンシャル思考

「自分の人生を生きる」

という観点から、
ふと近しいなと思った書籍が「エッセンシャル思考」です。

エッセンシャル思考は、
「人生の本質とは何か」

「人生であなたが本当にすべきこととは?」
を考えさせてくれる本です。

「自分はなにがしたいのかわからない」
「うまく行動に起こせない」
「なにかをはじめても長続きしない」

ぜひそのような方に読んでいただきたいです。

⇛【「エッセンシャル思考」の書評・要約・感想

【エッセンシャル思考】
https://00m.in/uyVfU

 

まとめ

「空想教室」のまとめ

本当の自分の夢を追いかけよう

 

いかがでしたでしょうか。

輝かしい未来も今日のその一歩から生まれます。

 

「あなたの夢はなんですか?」

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事