アドラー心理学 マンガ
スポンサーリンク

 

『「アドラー心理学」ってどんな本なんだろう?』

『買う前にどんな本か知りたいなぁ』

『読み終わったけど、他の人の感想を見てみたいなぁ』

 

本を買う前ってどうしても色々気になってしまいますよね。

僕も、買って失敗したくない気持ちが湧いてきて、自分に合った内容なのか事前に調べます。

今回はその「買う前のちょっとした後押し」や「こんな人におすすめ」等ができるような記事を作成しました。

それでは、岩井俊憲著「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」の要約・書評・読むべき人・関連本を紹介をしていきます。

 

こんな人におすすめ

  • 職場や友人などの人間関係に悩んでいる人
  • 人付き合いが苦手な人
  • 部下を育てている管理職の人
  • 彼氏・彼女と上手くいかない方
  • 妻・夫と上手くいかない方
スポンサーリンク

要約|人は今この瞬間から変わる事ができる

この漫画のポイントは、

  • 自分は変えられることを認識できる
  • 周りに感謝する意味がわかる。
  • 今を生きる事に注力できる

です。

アドラーは、
あの有名な書籍「嫌われる勇気」の著者でもあります。

アドラー心理学は、
勇気づけの心理学とも呼ばれており、
人々に勇気を与えてきました。

アドラー心理学の本質はそのままに
マンガ形式にしてストーリーを付け
読みやすい形にしたのがこの
「マンガで優しくわかるアドラー心理学」です。

マンガのあらすじは、
「洋菓子チェーン店のエリアマネージャである女性が
人間関係に悩む日々をアドラー心理学によって改善していく」というものです。

例えば、このような一節がでてきます。

自ら変わりたいと思い努力をすれば、性格は死ぬ1、2日前まで変えられる。

「自分を変えたい」と考える人は多いです。

ですが、
なにも変わらない。

その理由は努力をしていないからです。

反対に言えば、
努力をすればなりたい自分になれる。

アドラーはそう勇気づけてくれます。

 

またアドラーはこのようにも書いています。

楽観的でありなさい。

過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、

いま現在だけを見なさい。

 

過去を悔やんでもなにも変わらない。

未来に不安がっても何も変わらない。

結局は「今何をするか」にかかっています。

昨日(過去)でも無く、
明日(未来)でも無く、
今日なのです。

今この瞬間から自分を変えることができる。

なぜなら、
未来も過去も自由に操作できないからです。

自由に操作できるのは、
「今、この瞬間のみ」なのです。

その今の一歩を踏み出すだけで大きく明日が変わります。

今の一歩はどんなに小さくても構いません。

今日一歩進み明日も一歩進む。

その繰り返しで自分を変えることができる。

これは、
どんな時代になっても変わらない「不変の真理」なのです。

アドラーはこの「不変の真理」に対して、
具体的に何をすればいいのかを教えてくれます。

書評・感想|人生の価値観を変える1冊

僕はこの本と出会って自分の価値観を変える大きなきっかけとなりました。

というのも
かつてコンビニ店長として働いていたのですが、
その時の自分がまさにマンガの主人公の女性と類似していたんです。

「なんでできないんだ」
「もっとちゃんと仕事しろ」

と日々従業員に言っていました。

まさにマンガの主人公と同じ。

その時に出会ったのがこのアドラー心理学でした。

当時は目からウロコで食い入るように読んでいました。

マンガだからといって侮ってはいけません。

人生で生きていて
人に対してきつくあたった経験は誰しもがあるはず。

そんな人にこそ読んでいただきたい1冊です。

関連書籍|嫌われる勇気

 

関連書籍としては、
「嫌われる勇気」しかないでしょう。

マンガを読み
『もっと知りたい』
という方にはぜひおすすめです。

 

 

まとめ

「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」のまとめ

今日、今からでも人は変わる事ができる。

いかがでしたでしょうか。

あなたの描く理想の未来はどういうものですか?

この本は、
あなたの未来をきっと近づけてくれます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事