家電 時短
スポンサーリンク

 

「掃除洗濯がめんどくさい」

「良い家電がないかな」

 

日々の掃除や洗濯って意外と手が取られますよね。

編集者である私も、「どうにかして楽できないか」と日々模索していました。そして家電に出会い、大幅に時間を削減。今では、空いた時間でブログ書いてます。

みなさんもこちらの記事で解説する『時短をするなら買うべきおすすめ家電』を読めば、すぐにでも時短することが可能です。

自由な時間が増えれば、本を読んだり、あえてゆっくりしたりなど、有意義な時間が増えます。

スポンサーリンク

結論:自動掃除ロボットとドラム式洗濯機

僕がたどり着いたのは、『自動掃除ロボット』と『ドラム式洗濯機』です。

僕はほんと可能な限り家事を楽したいんですよね。だから考えた結果行き着いたのが上記2種でした。

まず、自動掃除ロボット。これは非常にありがたいです。

基本的に僕の家にはものが少ないので、これ一台で掃除機いらずです。基本的に、毎日昼の11時位に自動で掃除をしてくれるようにセット。あとはあとは毎日勝手に掃除してくれています。しかも自動で掃除をはじめ、勝手に充電器にまた戻ってきて自分で充電を始めてくれます。

ですので、わざわざ毎日スイッチ等を入れることもありません。することといったら、週一回貯まったゴミを捨てるくらいです。これにより、掃除をすることはなくなりました。

僕が使っているのは、こちらです。ですが売り切れているみたいでした。似たようなものを探して見たら、こちらでも十分じゃないかと。値段も2万円程度で、水拭きもしてくれます。ルンバは有名ですが、高いですし、こちらで十分ですよ。2万円で掃除から開放されるのであれば、安いものです。

乾燥機付きドラム式洗濯機で、もはや干さない。たたまない。

乾燥機付きドラム式洗濯機の良いところは、スイッチ1つで洗濯から乾燥まで一気に全て進めてくれるところです。

普通なら、洗濯後は干さないといけないですし、あるいは、洗濯機から別の乾燥機に移す必要がありました。ですが、ドラム式だと全て解決です。

また僕は、タオル等はもう畳んでいません。基本的にドラムに入れっぱなしです。コレに関しては、人によってそれぞれですが、もはや僕はタオルを畳むこともやめました。

服等は縮んだりくしゃくしゃになりやすいので、気になるものは、洗濯後物干しへ。それ以外は全て乾燥まで一気にお願いしています。

僕が使っているのはこちらのシリーズです。購入当時はドラム式に関して色々と調べました。マメ知識ですが、日立製は、下水の匂いが上がって来るみたいであまりおすすめしません。

時短を極め、空いた時間で収入の柱を作るべし

今後も家電は、様々に誕生してくると思いますが、常に「いかに時間を作るか」を考えていれば今後も購入に迷わないでしょう。

この「いかに時間を作るか」の視点は常にもっておいて損はないと思います。この視点で日々の生活を見直してみることで、ムダが見つかり、「なんとかできないかな」と自分で考えるようになります。

やっぱり自分で考えてあれやこれや工夫するほうが、楽しいですからね。

そして、空いた時間で副業を進める。

まさに資本主義の攻略です。資本を投下して、商品を購入と同時に時間も購入。その商品に働いてもらい、その時間自分たちは好きなことができる。これこそ、資本主義における。資本家の目線です。

いかに働いてもらうか。言わば家電は「物言わぬ労働者」です。文句1つ言わず、ただひたすら半永久的に働き続ける。

労働者を雇うよりも高コストパフォーマンスです。

まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • 自動掃除ロボットと乾燥機付きドラム式洗濯機は買うべき
  • 「いかに時間を作るか」の視点は必要。

いかがでしたでしょうか。

ぜひみなさんもおすすめ家電を生活に取り入れて、時間を生み出し、自由な時間を増やしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事