スキマ時間 活用 時短
スポンサーリンク

 

「どうすれば時間を節約できるんだろう」

「スキマ時間を活かす方法を知りたいなぁ」

 

日々忙しい中でも、何とか活かして学びに変えたいですよね。

編集者である私も、昔は全く時間がなく本を読むこともできませんでした。が、今となってはそれは、自分のせいだと気付きました。

こちらの記事で解説する『通勤やスキマ時間を活かし、学びに変える方法』を読めば、あなたもきっと上手く時間を使えるようになるでしょう。

時間を上手く使うことができれば、副業や学びに活かすことができます。

 

スポンサーリンク

結論:スキマ時間は、読書や副業。移動時は、オーディオブックを。

スキマ時間活用の極意は、「いかに濃密な一日を過ごすか」にかかっています。いかにして、空いた時間を自己投資に使うかを頭の片隅に置きながら過ごしてみてください。ほとんどの方は、少しはスキマ時間があるはずです。

その上で、僕がおすすめする方法は、「待つ時間は、電子書籍や副業。移動時は、オーディオブック」です。

なぜなら、両方ともスマホがあればサッと取り出し学ぶことができるからです。

\ 手軽にサッと読める!  /
\ いまなら無料で読み放題! /
\ 読者が苦手な方におすすめ!  /
\ いまなら無料で聴ける! /

どんなスキマ時間も自分の学びに変える

例えば、僕の通勤時間がだいたい25分くらいで徒歩+電車です。この25分を最大限に活かしています。

移動時はずっとイヤホンで、オーディオブック・音声教材を買って聴いています。そして、電車を待っている間は、音声教材を聴きつつ、自分のアフィリエイトサイトをチェック、もしくは、本を読んでいます。帰宅時も同じです。

また、会議の前やちょっとしたスキマ時間は、サイトの記事を考えたり、電子書籍を読んだりしています。
ちなみにですが、僕は、紙の本よりも電子書籍を強くおすすめしています。

 

なぜなら、どこでもサッと読めるからです。

 

紙の本だと、どうしても取り出す事に時間がかかるし、読みたい時に手元にないことも多いです。紙の本も家では、読みますが基本的には、電子書籍が中心です。

 

基本的には、毎日このルーティンです。

 

これまた、ちなみにですが、オーディオブック・音声教材は、じっくり聞くことも大切ですが、良いものは何回も聴くようにしています。反復して聴くたびに、新しい発見が合ったりします。また、通常速度で聴くのではなく、だいたい1.5〜2倍速で聴いています。

 

上記の方法が、僕が日々行っている時間の活用方法です。

ですが、時短時短と言いますが、なかなか続けられれない人も多いと思います。

そこで、スキマ時間の学びを続ける方法をお伝えします。

スキマ時間を活かす・続けるコツは、「決めてしまう」

ずばり、活かす・続けるコツは、「前もって何をするか決めておく」ということです。そして、その時が来たらただ実行する。

このように事前にすべき事を決めておけば、いちいち迷わず、行動に移すことができます。

 

例えば、「2〜3分でも待つ時間があれば本を読む。」や「少しの移動でもサッと、スマホを取り出して聴く。」など。

予め決めておくことで、スキマ時間の密度や効率がグッと高まります。また、いちいち考えなくていいので続けやすいです。

 

それでも、『ついゲームをしてしまう…」

という方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、「なぜ時短やスキマ時間を活用し、自己投資をするのか」について改めて考え直してみましょう。その理由が、強ければ強いほど、ゲームなんてしている余裕は無いと思います。

【関連】なぜ自己投資をするのか。動機が薄い人が読む記事

 

時間を制し、資本主義を攻略する

時間を制する者は、自分を制す。もし、自分の時間を最大限に活かす事ができるようになれば、僕が提唱している「資本主義の攻略」にグッと近づきます。

資本主義の攻略とは、端的に言えば、労働者階級から脱し、資本家へまわる。経済的な自由を得て、自由に暮らすというものです。

これは余談ですが、通勤等の徒歩での移動は、基本早歩きがいいですよ。僕は、一人の時は、めっちゃ早く歩いています。

理由は、少しでも早く移動して、空いた時間を利用したいから。聞いた話によると、早く歩く人は、頭の回転が早くなるらしいです。

まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • スキマ時間活用の極意は、「いかに濃密な一日を過ごすか」
  • おすすめは、「待つ時間は、読書or副業。移動時は、オーディオブック
  • 電子書籍は、いつでもサッと取り出して読めるからおすすめ
  • スキマ時間を活かす・続けるコツは、「前もって何をするか決めておく」
  • 時間を制する者は、自分を制す。

いかがでしたでしょうか。

僕自身、あまり「時間が無い」を口にしないようにしています。人間には、言霊っていうものがあって本当に無くなっちゃいそうで。

常に余裕を持ち、濃密な一日を過ごすよう共に頑張りましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

\ 手軽にサッと読める!  /
\ いまなら無料で読み放題! /
\ 読者が苦手な方におすすめ!  /
\ いまなら無料で聴ける! /
スポンサーリンク
おすすめの記事